ビリヤード ぱおスタイル めざせB級
「Billiard Paostyle」は、ビリヤードC級のぱおがB級を目指す過程を記録するノンフィクションです。

トップページへ基礎講座B級への道ビリヤード関連リンク集
 
基礎講座トップキュー撞き方ねらい方バンクポジショニングナインボール参考文献

ポジショニングトップページ    
 
ポジショニングは大切で大変

 とくに、9ボールでは、番号の小さい順に当てていかないといけないので、ポジショニングは重要なようです。ちなみに、ポジショニングは、『ダシ』と呼ばれることもあって、的玉をポケットしたあとに、次の的玉をねらいやすい位置に手玉をとめることですね。

 極端なことを言うと、ビリヤードでポジショニングさえできれば、角度のあるショットや遠くの的玉を撞く必要がなくなりますな。まぁ、ブレークしたときの球の散り方とかにもよるので、難ショットがまったくなくなるというわけではないですが。


 
ポジショニングと入れの正確さが格闘

 最初のうちは、ポジショニングと入れの正確さが格闘するのではないでしょうか。つまり、柔らかいタッチで撞けばポケットする確率は当然あがります。でも、強く打たないとよい位置にポジショニングできないことが、頻繁に起こると思います。

 私の考え方としては、難ショットを残しても取りきる確率が下がるだけなので、強いショットが必要なときは、オットコマエにショットすることにしています。あくまでも、9ボールの話です。8ボールとかだったら、とりあえず、正確に確率よく入れようと考えることもアリだと思います。

 ポジショニングを考えはじめると、イージーショットでもはずすことが出てきます。知らない人から見るとすごくへたくそに見えてしまいますが、そこはC級。あまり気にせず、どんどん失敗するようにしています。

 9ボールの性質として、入れの確率を上げるだけでは勝てないしポジショニングだけでも勝てないわけだから、両方を平行して意識することが先決ではないでしょうか。

 というわけで、私の教訓は、次のとおりです。
  次の次の的玉がねらえなくなるなら、目の前の的玉を落としてもほとんど意味ナシ
Sub Menue
ポジショニングトップページ
エネルギー保存測
ひねりの効果
基本ポジショニング



PR:

奥村流 驚異のビリヤード上達法 【奥村健DVD2枚組+冊子】

スピリチュアル・セミナー
スピリチュアル
スピリチュアル・ブログ
スピリチュアルNLPスキル紹介


   
メールプライバシーポリシー NLP資格取得のNLPセミナー  
Copyright 2002 Billiard PaoStyle. All rights reserved.
ぱおビリヤードで使用されている製品名商品名は、 一般に各社の登録商標または、商標です。
なお、本文中に(C),(R),TMマークは記載していません。