ビリヤード ぱおスタイル めざせB級
「Billiard Paostyle」は、ビリヤードC級のぱおがB級を目指す過程を記録するノンフィクションです。

トップページへ基礎講座B級への道ビリヤード関連リンク集
 
基礎講座トップへキュー撞き方ねらい方バンクポジショニングナインボール参考文献

ねらい方    
 
ねらうと言うよりも覚えるビリヤード!!??

 ねらいについては、前々から不思議でした。厚みを覚えるとかイメージボールがどうとか。。。で、結局、プロはどうやって正確にねらえるのよ? ってことが疑問でした。結論としては、なんどもなんども練習して体でねらいを覚えるしかないようです。しかも、厚みとか、イメージボールとかを組み合わせながらとか。

 ちなみに、どの辺に撞いたら、どの向きに的玉が走るかをイメージする能力は、プロもB級も大差がないと言われています。ねらいが悪いよりも、ねらい通りのところに手玉が撞けないことのほうが、影響が大きいってことですね。

 とはいえ、撞いた数だけ、ねらいが正確になるのは間違いないでしょうね。でも、間違ったねらい方をしていたら、時間のムダです。ポイントをおさえて、練習しましょう。


 
ビリヤードを覚えるってどんな感じなんだろう???

 ねらいを体で覚えるってどんなかんじなんでしょう。ねらいを体で覚えていないC級としては、気になるところです。いつまでたっても、ねらいを体で覚えられず、ほんとにこんなことやっててうまくなれるのかねぇって思うこと必定です。

 いろんな人に聞いたところ、次のような答えが返ってきました(間違った方向に構えてしまったときにどんな感じをうけるのか)。
 『なんとなく気持ち悪い』『キューがスムーズに振れなくなる』『迷いが生じる』
 おおむね、こんな感じの答えでした。


 
ねらいがはずれる原因は?

 ではでは。ねらいがはずれる原因にはどんなものがあるのでしょうか。詳しくは、ほかのページに任せるとして、大まかに説明します。

【運動能力と視覚神経の不調和】
 球を撞くという行為は、球の配置を目で見て、その情報をもとに長い棒を振るという動作になりますよね。見るとか把握するとかいう能力に運動するという能力を調和させないといけないわけです。
 1.たとえば、キューはまっすぐに振れる
 2.ねらいは正しくみれる
 この1.、2.の動作が別々にできてもダメなんですね。見た情報を正しく理解して、動作につなげないとビリヤードの場合、意味をなさないわけです。

 そんなのあたりまえやん!!っていう意見、ごもっともですが。私は、これが一番難しいのではないかと思っています。

【撞点が安定していない】
 手玉の中心を撞いているつもりなのに、撞けていない場合、自分のイメージしたところに手玉を運べる確率が下がります。ごくかんたんに言うと、手玉の右側を撞けば、手玉はキュー先の方向より左に進みます。まったく、難儀なことです。球に遊ばれてる感じがします。

【ねらいが間違っている】
 いろんな要因で、そもそもねらっている方向が悪いと、当然のことながらポケットしません。ポジションやクッションの特性、そのほか、スローとかとか。物理運動を知っておかないといけないこともたくさんあります。

 そんなこんなを考えると、C級のぱおとしては、ねらいがはずれない方が不思議だと思います。はずれない要因より、はずれる要因のほうが圧倒的に多いと思いません? はずしたことよりも、どうしてはずしたのかが今のところ大きな問題のような気がします。
Sub Menue
ねらい方トップページ
イメージボール
分離角度
厚み
フォーム
クッション際の処理
配置
ポケットの大きさ
スキッド/スロー



PR:

奥村流 驚異のビリヤード上達法 【奥村健DVD2枚組+冊子】

スピリチュアル・セミナー
スピリチュアル
スピリチュアル・ブログ
スピリチュアルNLPスキル紹介


   
メールプライバシーポリシー NLP資格取得のNLPセミナー  
Copyright 2002 Billiard PaoStyle. All rights reserved.
ぱおビリヤードで使用されている製品名商品名は、 一般に各社の登録商標または、商標です。
なお、本文中に(C),(R),TMマークは記載していません。